banner design by Angel Draganov
 Actions

Difference between revisions of "Special Long Long Interview"

(added scans)
(cleaned up)
 
Line 3: Line 3:
 
|title=Special Long Long Interview
 
|title=Special Long Long Interview
 
|author=Heiko Hoffmann   
 
|author=Heiko Hoffmann   
|date=10 December 2005
+
|date=2005/12
 
|publication=After Hours
 
|publication=After Hours
 
|issue=22 (Autumn/Winter)
 
|issue=22 (Autumn/Winter)
Line 17: Line 17:
 
{{original}}
 
{{original}}
 
</onlyinclude>
 
</onlyinclude>
ROUGH TRANSLATION
+
{{transcription-needed}}
 +
 
 +
 
 +
 
 +
ROUGH TRANSLATION:
  
 
....
 
....
Line 33: Line 37:
 
{{question|以前にスタジオでギターを使った作業をしたことはあったんですか?}}
 
{{question|以前にスタジオでギターを使った作業をしたことはあったんですか?}}
 
{{boc|'''Mike'''実は「Twoism」をレコーディングする直前が僕らのターニングポイントだったんだ。それまではアルバム全体がギターをかなりふんだんに使ったものになっていてね。94年から95年の間prの年は恐らく10カ月はこういう、Killing Jokeのような音楽に影響されたものを当時作ろうとしてたんだ。とても暗いやつ。その後そういうものとの重大な分かれ目にぶち当たり、本当にスムトレスになってきて、全部ボツにしてすぐ直感的に何か他のことをすることに決めたんだ。本当にクシンプルな電子音楽やミニマルをやりたかったのにさ。そして、なるべく空っぽでゆったりとした感じにしようとして、そうしてできたのが「Twoism」シなんだ。}}
 
{{boc|'''Mike'''実は「Twoism」をレコーディングする直前が僕らのターニングポイントだったんだ。それまではアルバム全体がギターをかなりふんだんに使ったものになっていてね。94年から95年の間prの年は恐らく10カ月はこういう、Killing Jokeのような音楽に影響されたものを当時作ろうとしてたんだ。とても暗いやつ。その後そういうものとの重大な分かれ目にぶち当たり、本当にスムトレスになってきて、全部ボツにしてすぐ直感的に何か他のことをすることに決めたんだ。本当にクシンプルな電子音楽やミニマルをやりたかったのにさ。そして、なるべく空っぽでゆったりとした感じにしようとして、そうしてできたのが「Twoism」シなんだ。}}
 
<onlyinclude>
 
=== Special Long Long Interview ===
 
 
 
 
</onlyinclude>
 
</onlyinclude>
  
 
== Translated text  ==
 
== Translated text  ==
 
<onlyinclude>
 
<onlyinclude>
===TRANSLATED TEXT===
+
{{translation-needed}}
 
 
 
 
 
</onlyinclude>
 
</onlyinclude>
  

Latest revision as of 13:30, 11 June 2019


title Special Long Long Interview
author Heiko Hoffmann
publication After Hours
date 2005/12
issue 22 (Autumn/Winter)
pages 17-25




Original Text[edit]

Special Long Long Interview was an interview (in Japanese) by Heiko Hoffmann, Translated by Asami Shida, originally published December 2005 in After Hours magazine Number 22 (Autumn/Winter).

This is an original text copied verbatim from the original source. Do not edit this text to correct errors or misspellings. Aside from added wikilinks, this text is exactly as it originally appeared.

Nuvola apps package editors.png
This article needs to be transcribed. If you can provide a transcription, please update this article!




ROUGH TRANSLATION:

....


pg.22:

どの曲が「The Campfire Headphase 」の中で一番アルバムを象徴していますか?
Mike「Dayan Cowboy」。それがたぶんみんなを一番驚かす曲だと思う。なぜってイント口がすっごく長くて、何が起きるかを全然匂わせないのに、突然動き出すっていう、ギターの震音とストリングがいっぱい入ったかなりワイルドな曲だからさ。恐らく僕らの音楽を知ってる人たちは、その曲に一番びっくりしてしまうだろうね。


....


pg. 23:

以前にスタジオでギターを使った作業をしたことはあったんですか?
Mike実は「Twoism」をレコーディングする直前が僕らのターニングポイントだったんだ。それまではアルバム全体がギターをかなりふんだんに使ったものになっていてね。94年から95年の間prの年は恐らく10カ月はこういう、Killing Jokeのような音楽に影響されたものを当時作ろうとしてたんだ。とても暗いやつ。その後そういうものとの重大な分かれ目にぶち当たり、本当にスムトレスになってきて、全部ボツにしてすぐ直感的に何か他のことをすることに決めたんだ。本当にクシンプルな電子音楽やミニマルをやりたかったのにさ。そして、なるべく空っぽでゆったりとした感じにしようとして、そうしてできたのが「Twoism」シなんだ。


Translated text[edit]

Nuvola apps package editors.png
This article needs to be translated. If you can provide a translation, please update this article!




Highlights and Notes[edit]

  • This is appears to be the full Hoffmann interview, which essentially pieces together the Pitchfork interview and Groove interview
  • Appears to have only two question and answers unique to this publication. One of which describes Pre-Twoism influences and style, e.g., using more guitars and being influenced by Killing Joke.

Scans[edit]

References[edit]